【感想・書評】東大のこと、教えます(プレジデント社、小宮山宏):世界の知の頂点を目指して

 

東大教師が新入生にすすめる本(文春新書)

 

【感想・書評】東大のこと、教えます(プレジデント社、小宮山宏):世界の知の頂点を目指して

 

 

『東大のこと、教えます』の著者と信頼性

 『東大のこと、教えます』は2007年発売の本です。
 2005年から2009年まで東大の総長を務められた小宮山宏先生が、東大や日本について語っています。
 小宮山宏先生は1944年生まれ。都立戸山高校から東京大学工学部化学工学科に進学されました。ご専門は、地球温暖化問題対策技術などだそうです。東大総長退任後は、三菱総合研究所理事長、新日本石油社外取締役、JXホールディングス社外取締役などを務められています。
 元東大総長なので、著者の信頼性は絶大と言えます。

 

『東大のこと、教えます』のまえがき

・日本から世界への発信が少ない
・このままでは、日本は「世界の田舎」になる
・環境、エネルギー問題の解決について、最も先進的なモデルを実現しているのは日本
・もはや、模倣や導入が有効な時代は終わったのに、「アメリカでは」「フランスでは」といった「出羽守」が多い。

 したがって、小宮山先生は、「東京大学アクションプラン」をつくりました。東大を「世界の知の頂点」とし、日本、世界の課題解決に役立つ大学とするための決意表明が記されています。このことについても、本書に詳述されています。

 このまえがきは、日本が直面しているグローバルな課題と、それに対する東京大学の野心的な取り組みについての興味深い視点を提供しています。日本からの国際的な発信が少ないという指摘は、多くの日本企業や教育機関が直面している現実です。グローバル化が進む中で、日本の文化や技術が世界にどのように影響を与えているか、もっと積極的に伝える必要があるかもしれません。

 「世界の田舎」という表現は、日本が国際社会での影響力を失いつつあることを示唆していますが、これは日本の革新的な取り組みや、環境およびエネルギー問題に対する先進的なアプローチとは対照的です。日本は、特にクリーンエネルギーや持続可能な技術の分野で、世界に模範を示してきました。これらの分野でのリーダーシップは、国際的な認知と尊敬を集めるべきものです。

 しかし、模倣や導入の時代が終わり、「アメリカでは」「フランスでは」といった比較に頼るのではなく、日本独自の解決策やイノベーションを世界に発信することが重要です。小宮山先生が提案する「東京大学アクションプラン」は、このような変化を促進するための一歩となり得ます。東京大学を「世界の知の頂点」と位置づけ、日本や世界の課題解決に貢献する大学とする決意は、非常に意義深いものです。

 このアクションプランにより、教育と研究の質を高め、国際的なコラボレーションを促進し、イノベーションを生み出すことが、大切だと思います。東京大学がこのような役割を果たすことで、日本全体のグローバルな発信力を強化し、世界の知識共有に貢献することができるでしょう。また、日本が「世界の田舎」ではなく、革新と進歩の中心地としての地位を確立する手助けとなるはずです。このような取り組みは、日本の未来にとって非常に重要であり、世界中の他の大学や機関にとっても刺激となるでしょう。

 

東大の世界ランキングは?

小宮山先生は、本書で「東大は「総合力」では世界一だ」と語っています。

「人間とはなにか」を学ぶ文学部、「自然とはなにか」を追求する理学部、幅広い見識と知的能力を磨く教養学部、これら三学部が総合大学としての東大の中核部分にある。その周りに、法学、経済学、工学、医学、薬学、農学といった実学がある。さらに多くの研究所やセンターが最先端の研究を担う。これが東大の基本構造であり、ここまできちんとした構造をもっている大学は世界でも少ない。

 たとえば、世界一の大学といえば、ハーバード大学が思い浮かびがちですが、ハーバード大学は、医療以外の理系の実学が弱いとのことです。

 2006年の世界大学ランキングについては、この年、東大は16位でした。しかし、アメリカの週刊誌(NEWSWEEK)の評価なので、英語を使う国が圧勝で、ドイツ、フランスの大学は30位以内に一校も入っていない。こうした状況も把握せず、欧米は日本より進んでいるという前提の議論は時間の無駄である、としています。

 小宮山先生が述べる「東大は『総合力』では世界一だ」という言葉は、東大が持つ多様な学問分野と、それらが総合的に結びついていることの重要性を強調していると思います。文学部、理学部、教養学部を中心とした教育体系は、学生に幅広い知識と深い洞察を提供し、法学、経済学、工学、医学、薬学、農学などの実学部門と連携して、学術の最前線を推進しています。

 小宮山先生が指摘するように、世界の大学ランキングはしばしば英語圏の大学が優位に立つ傾向があります。これは、ランキングが英語の出版物や引用数に大きく依存しているためです。しかし、ランキングが全てを物語るわけではなく、特定の分野における大学の強みや、教育の質、研究の影響力など、他の重要な要素を考慮する必要があります。東大が2006年の世界大学ランキングで16位に位置していたことは注目に値しますが、ランキングの評価基準やその公平性については議論の余地があると言えるでしょう。

 さらに、東大の「総合力」に関する評価は、単に学問分野の多様性にとどまらず、教育と研究の質、国際的な協力関係、そして社会への貢献といった多面的な側面を含んでいます。東大が世界の知の頂点を目指すという姿勢は、日本のみならず世界中の大学にとっても示唆に富むものです。そして、東大が提供する教育の質と研究の深さは、世界中の学生や研究者にとって魅力的な選択肢であると思います。

 ただ、2023年現在、おそらく日本の大学は凋落を続けていて、欧米のみならず、アジアとの比較の時代になっていると思います。今、アジアの大学と比べた時、小宮山先生は何を語るでしょうか?

 

東大の先生、研究のレベルは?

 東大の教授、助教授(現在は准教授)約2,500人のうち、三分の一は世界で通用するレベルとしています。学問の世界は非常に細分化されているので、細分化された分野ごとに考えると、そう言えるそうです。
 実際に先生の名前を列挙されています。たとえば、この本は2007年発売ですが、2015年にノーベル賞を受賞された梶田隆章先生の名前も見られます。たしかに、実際に世界トップレベルだったのだなあ、と思いました。

 この部分は、世界的な視野で見た際の日本の教育水準と研究の質を考える上で非常に示唆に富んでいます。約2,500人の教授と准教授のうち、三分の一が世界レベルで通用するというのは、東大が国際的な学術コミュニティにおいて重要な役割を果たしていることを物語っていると思います。

 学問の世界が細分化されている現代において、それぞれの分野で世界的に認められる専門家を育成し、保有することは、大学の評価を決定づける重要な要素です。特に、ノーベル賞受賞者である梶田隆章先生のような著名な研究者が名を連ねていることは、東大の研究レベルの高さを国際社会に示すものであり、日本の学術界が世界に与える影響の大きさを象徴していると思います。

 このような実績は、東大が単に日本国内での教育の質に留まらず、グローバルな基準に照らしても優れた教育機関であることを示していると思います。また、東大の教授陣が国際的な学術雑誌に論文を発表する頻度や、国際会議でのプレゼンテーション、さらには国際的な研究プロジェクトへの参加など、世界中の研究者との交流も活発であることが予想されます。

 しかし、世界で通用するレベルの研究者が三分の一であるということは、残りの二分の一についても、そのポテンシャルや今後の発展可能性に注目すべきでしょう。東大がこれからも継続的に高いレベルの研究を行い、世界的な影響力を持つ研究機関としての地位を保ち続けるためには、若手研究者の育成や、研究環境のさらなる充実が求められると思います。

 東大の教授陣のレベルが高いことは、日本の学術界全体のレベルを引き上げ、国際的な競争力を高めることに寄与していると思います。東大のような機関が存在することで、日本の学術界は世界的な研究の舞台で重要な役割を果たし続けることができるでしょう。

 

東大に新しい学部を作るなら?

 ビジネススクールだそうです。
 たしかに、日本人がビジネススクールに通おうと思った場合、一橋や早慶にもありますが、東大にはありません。東大卒の場合、アメリカの大学院に通って、MBA(経営学修士号)を取得する、という場合が多いと思います。
 小宮山先生は、総長に就任してすぐに、動いたそうですが、実現には至らなかったそうです。

 実現に至らなかったのには、いくつかの要因が考えられるでしょう。一つには、東大の伝統的な学問の枠組みや教育方針とビジネス教育の実践的なアプローチとの間に文化的なギャップがあった可能性があると思います。また、資金調達や適切な教員の確保、カリキュラム開発など、新しい学部を設立するための具体的な課題があったかもしれません。

 しかし、その後、東大は社会人向けの「東京大学エグゼクティブ・マネジメント・プログラム」(東大EMP)を設立しており、これはビジネススクールとは異なるアプローチで、経営やリーダーシップに関する教育を提供しています。東大EMPは、従来のMBAプログラムとは異なり、課題設定能力を重視し、社会や未来を拓いていくリーダーを育成することを目指しています。

 このように、東大はビジネススクールの設立には至らなかったものの、社会の変化に対応し、新たな時代のリーダーを育成するための教育プログラムを提供していることがわかります。これは、東大が学問の伝統を守りつつも、社会のニーズに応える柔軟性を持っていることを示しており、今後もそのような取り組みが期待されます。

 

ビル・ゲイツを客員教授に呼ぶなら?

 ビル・ゲイツは、特に口説かなくとも、客員教授として短期の講義はいつでもやってくれるだろう、とのことです。
 その他、オラクルの創業者のラリー・エリソン氏は、大変な日本びいきだそうです。実際に、本郷キャンパスで公演をしたこともあるそうです。ラリー・エリソン氏のカリファルニアの自宅は、京都の桂離宮を、そっくり模した建物だそうです。
 また、小宮山先生は、国際的なネットワークが必要だと考え、タイの王女やダボス会議の創設者などをメンバーとした組織に助言をもらっていたそうです。

 この部分は、東京大学が世界的な影響力を持つ大学としての地位を確立し、さらにそのネットワークを拡大しようとする野心を示していると思います。また、ビル・ゲイツ氏の教育への献身と、知識の普及に対する情熱がうかがえると思います。

 そして、東大がグローバルな視野を持ち、世界の様々な分野で影響力を持つリーダーたちと協力していく姿勢を示していると思います。これは、大学が単に学問の場としてだけでなく、社会的・経済的な課題に対する解決策を提供するプラットフォームとしての役割を果たすことを目指していることを示唆していると思います。

 このような取り組みは、学生や研究者にとって非常に刺激的であり、彼らが世界的な視野を持ち、多様な文化や価値観を理解することを助けるでしょう。また、東大が国際的な協力と交流を通じて、より多くのイノベーションを生み出し、世界中の人々の生活を豊かにするための知識と技術を提供することに貢献することが期待されます。このような国際的なネットワークの構築は、東大が世界の知の頂点を目指すというビジョンに沿ったものであり、今後もその動向に注目が集まることでしょう。

 その他、東大の抱える課題、日本の抱える課題、特に、国際的な視点から語られている部分が印象的でした。

 

『東大のこと、教えます』の目次

1.東大にしかできないことがある
2.東大がニッポンを変える
3.東大だってお金がほしい
4.【番外編】東大総長の胸のウチ
特別対談 小宮山宏VS梅田望夫

 

『東大のこと、教えます』の出版社の実績と信頼性

 『東大のこと、教えます』の出版社の出版社はプレジデント社です。ビジネス雑誌『プレジデント」や家庭・教育雑誌『プレジデントファミリー』などを出版しています。単行本も、『企業参謀』(大前研一)など主にビジネス系のものを出版しています。出版社の中ではかなり信頼性が高い部類だと考えられます。

 

キムタツの東大に入る子が実践する勉強の真実(KADOKAWA)

東大脳の作り方(平凡社新書)

東京大学文系・理系数学 傾向と対策と勉強法

 

この記事を書いた人

大学受験塾チーム番町代表。東大卒。
指導した塾生の進学先は、東大、京大、国立医学部など。
指導した塾生の大学卒業後の進路は、医師、国家公務員総合職(キャリア官僚)、研究者など。学会(日本解剖学会、セラミックス協会など)でアカデミックな賞を受賞した人も複数おります。
40人クラスの33位での入塾から、東大模試全国14位になった塾生もいました。

大学受験塾チーム番町 市ヶ谷駅100m 東大卒の塾長による個別指導

Twitter