お子さんが主体的に東大・医学部受験に挑む秘訣:自主性を引き出す方法

 

お子さんが主体的に東大・医学部受験に挑む秘訣:自主性を引き出す方法

 

 世界陸上2001年エドモントン大会、2005年ヘルシンキ大会の400mハードルで銅メダルを獲得された為末大さんがYouTubeチャンネル「為末大学」を開設しています。2020年6月6日に「子供が自ら挑戦するようになる接し方」という動画をアップしています。

 

子どもが自主性、主体性を失うとき

 為末さんは、かつて、子供にハードルを教える時、1つのレーンにハードルを置き、1人ずつ跳んでもらって、ゴールまで行ったらみんなで拍手する、というようにしたそうです。すると、転ぶ子が出て、周りの大人が「大丈夫?」と駆け寄り、子供は泣き出し、その後の子は跳ばなくなったそうです。

 「1人だと注目されて良くないのでは」と反省し、次は、5つのレーンにハードルを置き、1レーンに1人ずつ跳んでもらい、ゴールまで行ったらみんなで拍手する、というようにしたそうです。すると、1人の子がまた転び、大人たちが駆け寄り、子供たちは、高いハードルへの挑戦を避け、低いハードルのレーンに長い列ができたそうです。たとえるならば、主体的な、東大、医学部受験へのチャレンジを避けたということですね。

 

子どもの自主性を引き出す方法

 そして、次は、5つのレーンにハードルを置き、前の子が途中まで行ったら、次の子がスタートするようにしたそうです。すると、転んだ子も、注目されないし、次にもう他の子が来るので、再び走り出すようになったそうです。たとえるならば、主体的に、東大、医学部受験にチャレンジするようになった、ということですね。

 為末さんは、「子供は、周りに心配されることや、見られることが痛い」。だから、主体性を育むためには、「良かれと思って介入する所をぐっとこらえて、視線をそらし気味にする」ことが大切なのではないかと結論づけています。

 麹町中(当塾から1.3km)の前校長の工藤勇一先生は、著書などで「子供に手をかけすぎる大人たち」というようなことを、よくおっしゃっています。おおむね、為末さんの主張と同じようなことだと思います。

自律する子の育て方(SB新書)

created by Rinker
¥970 (2024/05/18 12:11:41時点 Amazon調べ-詳細)

 

お子さんが主体的に東大・医学部受験に挑む秘訣

 よく、医師の方の家庭が、お子さんに「医学部に入れ」と言い続け、お子さんのほうは、すっかりやる気を無くす、と言う話を聞きます。主体性を失ってしまった、ということですね。一番いいのは、保護者の医師の方が、医師として、社会貢献している姿を見せることなのでしょうね。

 大人として、子どもの自主性を如何に育むか、またその自主性を高等教育に対する挑戦につなげるかというテーマは、非常に重要な議題であります。この問いを解き明かすための示唆を多く持つ情報源として、為末大さんの動画に深く感銘を受けました。

 彼のビデオでは、子供達にハードル跳びを教えるための試みが詳細に説明されています。しかし、それは単なるアスレティックな指導ではなく、子供たちが自分自身の能力に挑戦し、それを克服するための自主性を培う方法として提示されています。彼の最初の試みでは、ハードルが一列に配置され、各子供が順番にハードルを跳ぶスタイルが試されました。しかし、一人が転ぶと、周囲の大人たちがすぐに駆け寄るという現象が生じました。これは結果として子供たちの自主性を奪い、自己主導の挑戦を躊躇する状況を生み出してしまったのです。

 この経験から、彼は次に、複数のハードルレーンを設け、一人ずつが同時に跳ぶというスタイルを試みました。しかし、この場合も一人が転ぶと大人たちが駆け寄る現象が生じ、子供たちは再び、挑戦を避ける傾向にありました。これは東大、医学部受験へのチャレンジを避ける様子に似ていました。

 しかし彼の最後の試みでは、彼が前の子供がまだ途中のハードルに挑んでいる間に、次の子供がスタートするという方法をとりました。これにより、一人の子供が転んでも他の子供がすでにスタートしているため、大人たちはその子供に集中せず、転んだ子供は自己主導で再度挑戦を始めるようになりました。

 このアプローチは子供たちの自主性を助長することに成功し、彼は結論として、子供たちは周りに心配されたり注目されたりすることが心地よくないと述べました。そして、親や大人が主体性を育てるためには、自分たちの介入を控えめにし、視線をそらすことが重要であると指摘しました。

 この視点は、自主性を培うための一つの方策として非常に有益であり、麹町中の前校長の工藤勇一先生が主張している「子供に手をかけすぎる大人たち」の考え方とも響き合います。

 このビデオから得た洞察を東大や医学部受験への挑戦に置き換えると、親が子供に対して過度に干渉したり、特定の道を強制したりするのではなく、子供自身が見本となる社会的な役割や価値を見つけて自らその道を選ぶことが重要だと思われます。

 まとめると、親や大人が子供の自主性を尊重し、子供が自らの挑戦に立ち向かうためのスペースを提供することで、子供は自分自身の進むべき道を見つけ、その道に挑戦する力を持つことができるということです。これは、教育の現場だけでなく、我々の日常生活においても、子供たちが自立し、自分の道を見つける力を育むための重要な考え方であると感じました。

 

主体的な挑戦とフーコー

 この文章が前提とする「自主性」や「主体性」という概念自体が、特定の歴史的・社会的文脈の中で形成された言説の産物だと言えます。「自主性」や「主体性」は、近代以降の西洋社会において、理想的な人間像として称揚(その価値を認めて、ほめたたえること)されてきた価値観であり、教育の目的を規定してきました。

 為末さんの事例は、子どもの行動が周囲の大人の反応によって大きく左右されることを示しています。大人の「心配」や「注目」は、子どもの行動を抑制し、挑戦を避けさせる効果を持ちました。これは、フーコーが指摘した規律訓練社会の一形態として捉えることができるでしょう。大人の視線や介入は、子どもを監視し、規範化する働きを持っているのです。

 しかし、為末さんは、大人が「視線をそらし気味にする」ことで、子どもの自主性を引き出すことができたと述べています。これは、規律訓練の緩和が、子どもの主体的な行動を促すという逆説的な効果を示唆しています。フーコーの権力論からすれば、権力関係は常に抵抗の可能性を内包しており、支配的な言説に対抗する Alternative な実践が生まれる余地があります。

 この文章が示唆する「自主性」や「主体性」の育成方法は、一定の積極的な意義を持ちつつも、常に批判的に吟味される必要があります。大人の介入を控えることが、常に子どもの主体性を保証するとは限らないでしょう。時には、子どもの安全や成長のために、大人が積極的に関与することも必要です。重要なのは、子どもの主体性を一つの固定的な理想像に還元するのではなく、多様な可能性を認め、支えていくことだと言えます。

 子どもの自主性や主体性をめぐる言説は、常に権力関係の文脈の中で捉え直される必要があります。この文章が提起する問題は、教育における規律訓練の在り方や、「主体性」概念の再検討を促すものだと言えるでしょう。フーコーの思想は、支配的な教育言説を問い直し、より開かれた教育の可能性を探るための重要な示唆を与えてくれます。私たちは、子どもの主体性を固定的なモデルに当てはめるのではなく、一人一人の個性や可能性を尊重し、ともに成長していくことが求められているのです。

 

主体的な挑戦とハイデガー

 人間は「世界内存在」として、常にすでに他者や事物とのつながりの中で生きています。子どもたちがハードルを跳ぶという状況もまた、こうした「世界」の一つの現れだと言えるでしょう。そこには、ハードルという物理的な対象だけでなく、周囲の大人たちや他の子どもたちとの関係性も織り込まれているのです。

 最初の事例では、一人ひとりがハードルを跳ぶ際に、周りの注目を浴びてしまったために、子どもたちは跳ぶことを躊躇するようになったとのことです。これは「非本来的」な在り方だと言えるかもしれません。子どもたちは、自分自身の可能性に向き合うのではなく、他者の視線を気にするあまり、チャレンジを避けてしまったのです。

 続く事例では、複数のレーンを用意し、子どもたちが同時にハードルを跳ぶようにしたところ、やはり躊躇が見られたそうです。ここでは、ハードルの高さという難易度が、子どもたちの主体性を阻んでいると考えられます。ハイデガーならば、このような状況を「現存在の頽落(たいらく)」(人間が本来のあり方から堕落している状態)と表現するかもしれません。子どもたちは、自分の能力に不安を感じ、低いハードルへと逃避してしまったのです。

 しかし最後の事例では、子どもたちが次々とハードルを跳ぶことで、転んでも再び立ち上がり、走り出すようになったと言います。これは、「本来的」な在り方に近いのではないでしょうか。一人ひとりが、他者の視線を意識することなく、自分自身の可能性に向かって突き進んでいるのです。

 ここで、為末さんが述べている「視線をそらし気味にする」という指摘は示唆的です。ハイデガーもまた、「非本来的」な在り方から「本来的」な在り方へと移行するためには、「良心の呼び声」に耳を傾ける必要があると説いています。子どもたちが自主性を発揮するためには、周囲の大人たちが過剰に介入するのではなく、さりげなく見守ることが大切なのかもしれません。

 もちろん、これは教育の難しさを示してもいます。子どもたちの自主性を尊重しつつ、同時に適切な助言や支援を提供することは、簡単ではありません。しかし重要なのは、一人ひとりが自分自身の存在可能性に向き合える場を作ることだと言えるでしょう。

 確かに、受験もまた、子どもたちの主体性が問われる場面だと言えます。ただし、ハイデガーならば、そこで目指されるべきは、単なる合格ではなく、自己と世界との本来的な関わりを取り戻すことだと述べるかもしれません。

 私たちが子どもたちに求めるべきは、外的な基準に合わせることではなく、自分自身の存在の意味を探究することなのです。その過程では、時に挫折や困難も経験するでしょう。しかし、そうした試練に真摯に向き合うことこそ、本来的な在り方への第一歩なのかもしれません。

 大人たちができることは、子どもたちがみずからの可能性に気づき、それを追求していけるよう、さりげなく見守ることです。過度な期待や介入は、かえって子どもたちの主体性を損ないかねません。大切なのは、一人ひとりの個性や興味関心を尊重し、その成長を信じることなのです。

 そのためにも、私たち大人自身が、「本来的」に生きるとはどういうことかを問い直す必要があるでしょう。子どもたちに自主性を求める前に、まずは私たち自身が、みずからの存在の意味を探究し続けなければなりません。そうした姿勢こそが、子どもたちにとって最良の手本となるはずです。

 

主体的な挑戦とデリダ

 まず、「主体性」や「自主性」という概念自体が、ある種の形而上学的な前提に基づいていると言えるでしょう。デリダが批判したように、西洋の思想史では、自律的で統一的な主体が想定されてきました。しかし、主体とは、言語や文化、他者との関係性の中で構築されるものであり、決して自明の存在ではありません。子どもの「主体性」や「自主性」も、大人の期待や社会的な規範の中で形作られるものであり、純粋に子ども自身に由来するものではないのです。

 また、ハードル走という行為自体も、脱構築の対象となり得ます。ハードルの高さや間隔、ゴールの設定など、全てが恣意的な規則の産物だと言えます。そして、その規則に従うことが「主体的」だとみなされる点にも、ある種の権力関係が働いていると考えられます。つまり、大人の定めたルールに従って競争することが、子どもの自主性の表れだと見做されているのです。

 さらに、為末さんの介入方法にも、脱構築の余地があります。「視線をそらし気味にする」ことで子どもの主体性を引き出そうとする試みは、ある種の戦略的な不在の効果を狙ったものだと言えます。しかし、そもそも大人の視線を意識せざるを得ない状況自体が、子どもの主体性を制約しているとも考えられます。大人の期待を内面化した子どもは、たとえ直接の介入がなくても、自ら規範に従おうとするでしょう。

 ここで、高いハードルへの挑戦が主体的だとみなされ、低いハードルを選ぶことが消極的だと捉えられていることも問題です。これは社会的な成功の基準を無批判に受け入れた価値観だと言えます。デリダの贈与論の観点からすれば、他者(社会)の期待に応えることが自主性だとするのは、真の贈与(自発的な行為)を否定することにもなりかねません。

 とはいえ、だからと言って、為末さんの実践が無意味だというわけではありません。「pharmakon(ファルマコン)」の概念が示すように、ある行為は同時に毒にも薬にもなり得るのです。大人の視線を意識せざるを得ない状況は、主体性の制約である一方で、他者との関係性の中で自己を形成する機会でもあります。ハードルの高さを選ぶことも、社会的規範への従属であると同時に、自分なりの判断を下す主体的な行為でもあり得るのです。

 重要なのは、こうした二重性や矛盾を認識し、常に自明視された前提を問い直すことでしょう。子どもの主体性や自主性を育むために、大人は戦略的に不在であろうとします。しかし、その不在もまた、一つの介入であることを忘れてはなりません。私たちは、子どもの主体性を尊重しつつも、その主体性が構築されるプロセスに無自覚であってはならないのです。

 為末さんの事例は、主体性や自主性をめぐる問題の複雑さを浮き彫りにしています。私たちは、子どもの主体性を育むために、絶えずその前提を問い直し、固定化された意味を解体していく必要があるでしょう。そうした脱構築の営みを通して、子どもの主体性は、単なる社会的規範への従属ではなく、他者との関係性の中で絶えず更新される創造的なプロセスとなるのではないでしょうか。

 

この記事を書いた人

大学受験塾チーム番町代表。東大卒。
指導した塾生の進学先は、東大、京大、国立医学部など。
指導した塾生の大学卒業後の進路は、医師、国家公務員総合職(キャリア官僚)、研究者など。学会(日本解剖学会、セラミックス協会など)でアカデミックな賞を受賞した人も複数おります。
40人クラスの33位での入塾から、東大模試全国14位になった塾生もいました。

大学受験塾チーム番町 市ヶ谷駅100m 東大卒の塾長による個別指導

Twitter