お子さんが主体的に東大・医学部受験に挑む秘訣:自主性を引き出す方法

 

お子さんが主体的に東大・医学部受験に挑む秘訣:自主性を引き出す方法

 

 世界陸上2001年エドモントン大会、2005年ヘルシンキ大会の400mハードルで銅メダルを獲得された為末大さんがYouTubeチャンネル「為末大学」を開設しています。2020年6月6日に「子供が自ら挑戦するようになる接し方」という動画をアップしています。

 

子どもが自主性、主体性を失うとき

 為末さんは、かつて、子供にハードルを教える時、1つのレーンにハードルを置き、1人ずつ跳んでもらって、ゴールまで行ったらみんなで拍手する、というようにしたそうです。すると、転ぶ子が出て、周りの大人が「大丈夫?」と駆け寄り、子供は泣き出し、その後の子は跳ばなくなったそうです。

 「1人だと注目されて良くないのでは」と反省し、次は、5つのレーンにハードルを置き、1レーンに1人ずつ跳んでもらい、ゴールまで行ったらみんなで拍手する、というようにしたそうです。すると、1人の子がまた転び、大人たちが駆け寄り、子供たちは、高いハードルへの挑戦を避け、低いハードルのレーンに長い列ができたそうです。たとえるならば、東大、医学部受験へのチャレンジを避けたということですね。

 

子どもの自主性を引き出す方法

 そして、次は、5つのレーンにハードルを置き、前の子が途中まで行ったら、次の子がスタートするようにしたそうです。すると、転んだ子も、注目されないし、次にもう他の子が来るので、再び走り出すようになったそうです。たとえるならば、東大、医学部受験にチャレンジするようになった、ということですね。

 為末さんは、「子供は、周りに心配されることや、見られることが痛い」。だから、主体性を育むためには、「良かれと思って介入する所をぐっとこらえて、視線をそらし気味にする」ことが大切なのではないかと結論づけています。

 麹町中(当塾から1.3km)の前校長の工藤勇一先生は、著書などで「子供に手をかけすぎる大人たち」というようなことを、よくおっしゃっています。おおむね、為末さんの主張と同じようなことだと思います。

自律する子の育て方(SB新書)

created by Rinker
¥970 (2024/02/22 00:05:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

お子さんが主体的に東大・医学部受験に挑む秘訣

 よく、医師の方の家庭が、お子さんに「医学部に入れ」と言い続け、お子さんのほうは、すっかりやる気を無くす、と言う話を聞きます。一番いいのは、保護者の医師の方が、医師として、社会貢献している姿を見せることなのでしょうね。

 大人として、子どもの自主性を如何に育むか、またその自主性を高等教育に対する挑戦につなげるかというテーマは、非常に重要な議題であります。この問いを解き明かすための示唆を多く持つ情報源として、為末大さんの動画に深く感銘を受けました。

 彼のビデオでは、子供達にハードル跳びを教えるための試みが詳細に説明されています。しかし、それは単なるアスレティックな指導ではなく、子供たちが自分自身の能力に挑戦し、それを克服するための自主性を培う方法として提示されています。彼の最初の試みでは、ハードルが一列に配置され、各子供が順番にハードルを跳ぶスタイルが試されました。しかし、一人が転ぶと、周囲の大人たちがすぐに駆け寄るという現象が生じました。これは結果として子供たちの自主性を奪い、自己主導の挑戦を躊躇する状況を生み出してしまったのです。

 この経験から、彼は次に、複数のハードルレーンを設け、一人ずつが同時に跳ぶというスタイルを試みました。しかし、この場合も一人が転ぶと大人たちが駆け寄る現象が生じ、子供たちは再び、挑戦を避ける傾向にありました。これは東大、医学部受験へのチャレンジを避ける様子に似ていました。

 しかし彼の最後の試みでは、彼が前の子供がまだ途中のハードルに挑んでいる間に、次の子供がスタートするという方法をとりました。これにより、一人の子供が転んでも他の子供がすでにスタートしているため、大人たちはその子供に集中せず、転んだ子供は自己主導で再度挑戦を始めるようになりました。

 このアプローチは子供たちの自主性を助長することに成功し、彼は結論として、子供たちは周りに心配されたり注目されたりすることが心地よくないと述べました。そして、親や大人が主体性を育てるためには、自分たちの介入を控えめにし、視線をそらすことが重要であると指摘しました。

 この視点は、自主性を培うための一つの方策として非常に有益であり、麹町中の前校長の工藤勇一先生が主張している「子供に手をかけすぎる大人たち」の考え方とも響き合います。

 このビデオから得た洞察を東大や医学部受験への挑戦に置き換えると、親が子供に対して過度に干渉したり、特定の道を強制したりするのではなく、子供自身が見本となる社会的な役割や価値を見つけて自らその道を選ぶことが重要だと思われます。

 まとめると、親や大人が子供の自主性を尊重し、子供が自らの挑戦に立ち向かうためのスペースを提供することで、子供は自分自身の進むべき道を見つけ、その道に挑戦する力を持つことができるということです。これは、教育の現場だけでなく、我々の日常生活においても、子供たちが自立し、自分の道を見つける力を育むための重要な考え方であると感じました。

 

この記事を書いた人

大学受験塾チーム番町代表。東大卒。
指導した塾生の進学先は、東大、京大、国立医学部など。
指導した塾生の大学卒業後の進路は、医師、国家公務員総合職(キャリア官僚)、研究者など。学会(日本解剖学会、セラミックス協会など)でアカデミックな賞を受賞した人も複数おります。
40人クラスの33位での入塾から、東大模試全国14位になった塾生もいました。

大学受験塾チーム番町 市ヶ谷駅100m 東大卒の塾長による個別指導

Twitter