経済学部に興味がある高校生へ:わかりやすい本、ノーベル賞学者の著書を紹介

 

大学受験塾チーム番町

法学部に興味がある人へ

 

経済学部に興味がある高校生へ:わかりやすい本、ノーベル賞学者の著書を紹介

 

 高校の政治経済の経済分野くらいは、先に勉強したほうがいいかもしれません。

 中学生、高校生が、経済学の本を読んでみようと思った場合
1.大学の先生が書いた一般向け、大学標準レベルの本を読む
2.公務員試験などの予備校の先生が書いた本を読む
という選択肢があると思います。

 大学の先生の場合、専門家ですし、他の先生の厳しい目にさらされるがゆえに、内容の信頼性は高いでしょう。大学の先生にも、味のある、わかりやすい教科書を書かれる先生はいます。一方で、いい加減なことは書きにくいので、話が厳密で難しくなることもあると思います。ただ、初学者向けの本は、そんなに複雑な話にはならないだろうとは思います。また、大学の先生だからといって、内容の中立性が保たれているかはわかりません。

 予備校の先生の本のメリットはわかりやすさだと思います。内容の信頼性も、そう気にしなくてもいいのではないでしょうか。

 

ミクロ経済学、マクロ経済学

 

 経済学の基本の部分はミクロ経済学とマクロ経済学に分かれます。

 ミクロは小さいという意味です。個々の企業や家計の行動やある財、サービスの市場を分析します。

 マクロは大きいという意味です。国全体の経済を分析します。たとえば、一国全体の物価、総需要、総供給や国民所得、失業などの関係を考えます。

 欧米先進国は日本と違い、中央銀行や経済政策の担当者は経済学博士が普通だそうです。大学入学前の春休みに大学レベルのミクロ、マクロ経済学を勉強して、早く最先端の議論をできるようになりましょう!

 

スタンフォード大学で一番人気の経済学入門(かんき出版)ミクロ編、マクロ編

created by Rinker
¥1,188 (2024/02/21 23:05:15時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,188 (2024/02/21 23:05:16時点 Amazon調べ-詳細)

池上彰さん監訳です。
「経済学入門」といったわかりやすそうな本は多いですが、この本は、一応、大学の経済学部で扱うような単元を数式、グラフをほとんど使わずに言葉でわかりやすく説明しているのが特長です。

「スタンフォード」とありますが教授が書いた本ではないです。

ミクロ編目次

イントロダクション 経済学の考え方
1.経済学とは何か
2.分業
3.需要と供給
4.価格統制
5.価格弾力性
6.労働市場
7.資本市場
8.個人投資
9.完全競争と寡占
10.独占禁止法
11.規制と規制緩和
12.負の外部性
13.正の外部性
14.公共財
15.貧困と福祉
16.格差問題
17.情報の非対称性
18.企業と政治のガバナンス

マクロ編目次

1.マクロ経済とGDP
2.経済成長
3.失業率
4.インフレ
5.国際収支
6.総需要と総供給
7.インフレ率と失業率
8.財政政策と財政赤字
9.景気対策
10.財政赤字と貯蓄率
11.お金と銀行
12.中央銀行と金融政策
13.金融政策の実践
14.自由貿易
15.保護貿易
16.為替相場
17.国際金融危機
18.世界経済をどう見るか

 

クルーグマンミクロ経済学(東洋経済新報社)
クルーグマンマクロ経済学(東洋経済新報社)

created by Rinker
¥4,950 (2024/02/22 19:32:22時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥4,950 (2024/02/21 23:05:17時点 Amazon調べ-詳細)

クルーグマン先生はノーベル経済学賞受賞者です。
日本人はノーベル経済学賞を取れませんね。
分厚いし、高いですが、経済学の基本を例なども交え
わかりやすく解説しています。
このようなグローバルスタンダードの
テキストを読むのもいいでしょう。

他の科目もそうですが、日本より欧米のほうが面白い教科書を書かれる先生が多いような気がします。

 

速習!ミクロ経済学(中央経済社)
速習!マクロ経済学(中央経済社)

created by Rinker
¥2,803 (2024/02/22 19:32:23時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥2,587 (2024/02/21 23:05:18時点 Amazon調べ-詳細)

公務員試験用の教材です。
本の内容全体について
わかりやすいYoutube講義を見ることができます。

おそらく、中学2年生の数学の教科書の「一次関数」がわかれば、知識ゼロからで
理解できると思います。

一次関数は「傾き」が一定な直線です。
それに対し、曲線はそれぞれの地点で傾きが異なります。
「微分」とは、「その地点の「傾き」を求めること」です。
この程度の理解で
さらにわかりやすくなると思います。

 

簿記

 

「簿記を学ぶと世の中の見え方が変わる」と言う人もいます。
会社の財務に関する様々な数字なども理解することができます。
大学入学前の春休みに簿記3級の勉強をしてはどうでしょう。

 

スッキリわかる日商簿記初級(TAC)

created by Rinker
TAC出版
¥1,100 (2024/02/21 23:05:19時点 Amazon調べ-詳細)

簿記3級以前の基本の基本の部分をわかりやすく解説しています。

 

スッキリわかる日商簿記3級(TAC)

created by Rinker
¥940 (2024/02/21 23:05:20時点 Amazon調べ-詳細)

簿記3級の教材で一番評価が高いのは「スッキリわかる」でしょうか。
べつに講義動画は要らないという人はこちらでいいでしょう。

テキストを理解し、テキストの問題をできなかった問題にチェックを付けつつ全問解けるようにして過去問も同様に全問解けるようにすれば、簿記3級に余裕で合格するでしょう。

 

財政学、経営学

 

財政学も経営学も、まずまず内容の中立性が保たれ、レベルも標準的な大学の先生が書いた本は
あると思いますが、手っ取り早いのは、公務員試験の過去問の答を読むことだと思います。

答の解説は予備校の先生が書いているかもしれませんが、問題は公的な機関が作っているので内容はまずまず中立的でしょうし、レベルも大学標準レベルです。

ちなみに、先述のミクロ経済学、マクロ経済学は、なじみのない専門用語、概念が多いので、ここで述べている、いきなり公務員試験の答を読む方法は無理だと思います。
財政学、経営学は可能だと思います。
仮に、答の解説中に、わからない用語があっても、要点をまとめている部分で説明されていると思います。

ただし、財政学は後半は、ミクロ経済学、マクロ経済学の知識が前提となります。

created by Rinker
実務教育出版
¥2,090 (2024/02/22 19:32:24時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

この記事を書いた人

大学受験塾チーム番町代表。東大卒。
指導した塾生の進学先は、東大、京大、国立医学部など。
指導した塾生の大学卒業後の進路は、医師、国家公務員総合職(キャリア官僚)、研究者など。学会(日本解剖学会、セラミックス協会など)でアカデミックな賞を受賞した人も複数おります。
40人クラスの33位での入塾から、東大模試全国14位になった塾生もいました。

大学受験塾チーム番町

法学部に興味がある人へ

Twitter

 

はじめに

 経済学は、私たちの日常生活や社会全体の動きを理解するために重要な知識です。初めて経済学を学ぶ方にとっては、専門用語や難しい概念が多くて戸惑うこともあるかもしれません。しかし、心配しないでください。この記事では、経済学初心者が理解しやすいように、基礎的な知識と効果的な学習方法を解説します。さあ、経済学の世界に足を踏み入れましょう。

 

経済学の基礎知識と重要性

 経済学は、資源の配分や生産・消費の仕組みを研究する学問です。経済学を学ぶことには以下のような重要な理由があります。

社会やビジネスの動きを予測できる能力

 経済学を学ぶことで、社会やビジネスの動きを予測し、意思決定をする能力が身につきます。例えば、需給の関係を理解することで、商品の価格変動や消費者の行動を予測できます。これにより、企業や個人が効果的な戦略を立てることができます。

個人の生活や仕事に関わる知識

 経済学の基礎知識は、個人の日常生活や仕事にも関わってきます。例えば、物価の上昇や所得の増減が自身の経済状況にどのような影響を与えるのかを理解することで、効果的な家計管理や投資の判断ができます。

国や世界の経済政策に関与できる

 経済学の知識は、国や世界の経済政策にも関わってきます。マクロ経済学を学ぶことで、景気の動向やインフレーションの影響を理解し、経済政策について議論することができます。これにより、社会や国家の発展に貢献することができます。

 経済学の基礎知識は、私たちの日常生活においても役立つ知識です。経済の仕組みや動向を理解することで、個人や社会の福祉を向上させるための意思決定が可能になります。また、経済学の知識を持つことは、自己啓発やキャリアの発展にも役立つでしょう。経済学は広範で応用範囲の広い学問ですので、基礎知識をしっかりと身につけることは非常に重要です。

 

経済学の学習における注意点と準備

専門用語への対応

 経済学は専門的な用語が多く使用されますが、初学者はこれに戸惑うことがあります。このような場合、辞書やオンラインの用語集を活用しましょう。用語の意味を確認し、理解することで学習の障害を取り除くことができます。また、専門用語を習得するために、用語の定義や具体的な例を使った説明を読んだり、実際の事例に関連付けて考えたりすると効果的です。

難しい概念への対応

 経済学には難解な概念が存在することもあります。これらの概念を理解するためには、具体的な例や比喩表現を使った説明が役立ちます。例えば、「需要と供給」という概念を理解するために、コーヒーショップの価格変動や人々の購買意欲の変化など、身近な例を考えるとよいでしょう。また、インターネット上には経済学の解説サイトや教育動画が多く存在するので、これらを活用することもおすすめです。

目的の明確化

 学習の目的を明確にすることは重要です。経済学は広範な分野をカバーしており、マクロ経済学やミクロ経済学、国際経済学など、さまざまな分野が存在します。自分がどの分野に興味を持ち、どのような知識を身につけたいのかを考え、学習の方向性を決めましょう。このような目的が明確であれば、効果的な学習計画を立てることができます。

学習時間と学習環境の確保

 経済学の学習には時間と集中力が必要です。学習の時間を確保し、定期的に学習に取り組むことが重要です。学習時間を作るためには、自分の日々のスケジュールを見直し、学習に充てる時間を設けることが必要です。また、学習に集中できる環境を整えましょう。静かな場所や集中できるスペースを確保し、学習に集中することが大切です。

 経済学の学習は初めは難しく感じるかもしれませんが、適切な準備と注意点を意識することで、効果的に学ぶことができます。困難な概念や用語に立ち向かいながら、具体的な例や比喩表現を使った説明を活用して、自分なりの学習方法を見つけてください。経済学の知識はあなたの人生やキャリアにおいて大いに役立つものとなるでしょう。

 

経済学を理解するために必要な知識と概念

需要と供給

 需要と供給は経済学の基本的な概念です。需要とは、市場において商品やサービスを購入する意欲や能力を持つ消費者の量を指し、供給とは、市場において商品やサービスを提供する意欲や能力を持つ生産者の量を指します。需要と供給の関係には需要曲線と供給曲線が存在し、需要が増えると価格が上昇し、供給が増えると価格が下落するという関係があります。例えば、スマートフォンの需要が急増すると、価格が上昇する可能性があります。

価格と効用

 価格と効用の関係は、消費者行動を理解するために重要な概念です。価格が上昇すれば、消費者の購買意欲が減少し、逆に価格が下落すれば購買意欲が増加するという関係です。これは、購買者が価格と効用を比較し、最適な選択をするという理論であり、需要の決定に関わる要素です。例えば、高額な商品は需要が減少する傾向にあることを理解しましょう。

マクロ経済学とミクロ経済学

 経済学は一般的にマクロ経済学とミクロ経済学に大別されます。マクロ経済学は国や世界経済全体を対象に研究し、国内総生産(GDP)、失業率、物価水準などを分析します。一方、ミクロ経済学は個別の市場や企業の行動を研究し、需要と供給の関係や企業の競争戦略などを分析します。両者の理解は経済の全体像を把握するために重要です。

GDPとインフレーション

 GDP(国内総生産)は、国や地域の経済活動を表す指標です。GDPは、国内で生産された財やサービスの価値を合計したものであり、経済の規模や成長率を測るために使用されます。一方、インフレーションは物価の上昇率を示す指標であり、価格の上昇が持続することで資産の価値が減少し、経済に影響を与えます。GDPとインフレーションは経済の健全性を示す指標として重要です。

 これらの知識と概念を理解することで、経済学の基礎が身に付きます。需要と供給の関係や価格と効用の理解は、個人の消費行動や企業の戦略立案に役立ちます。また、マクロ経済学の知識は国や世界の経済状況を理解し、インフレーションや景気変動などの要因を把握するのに役立ちます。

 

経済学の勉強方法とスケジュール

 経済学を効果的に学ぶための具体的な方法とスケジュールについて解説します。

教科書や入門書の活用

 まずは、初心者向けの教科書や入門書を使って基礎知識を学びましょう。教科書は体系的に経済学の概念や理論を解説しているため、基本的な知識を習得するのに適しています。入門書はよりわかりやすく解説されており、初学者にも理解しやすい内容となっています。章ごとに学習を進めながら、理解度を確認しましょう。

オンラインコースや動画講座の活用

 オンラインコースや動画講座も有効な学習方法です。ビジュアルや解説が豊富な動画コンテンツを通じて学ぶことで、理解が深まりやすくなります。特に視覚的な要素が重要な概念やグラフの解釈などを学ぶ際には、動画講座が役立ちます。上記の『速習』は数学で微分を習えば、理解できると思います。

スケジュールの立て方

 学習のスケジュールを立てることは、継続的な学習を実現するために重要です。まずは、週に何回学習時間を確保できるかを考えましょう。毎日の学習が難しい場合でも、週に3回や4回などの頻度で学習することを目標にしましょう。学習時間は短くても構いません。15分や30分でも十分に有効な学習時間となります。継続的な取り組みが重要ですので、スケジュールを守りながら少しずつ学習を進めていきましょう。

継続と復習の重要性

 経済学は理論や概念が絡み合っているため、一度学んだ内容を定期的に復習することが重要です。学習した内容を定期的に振り返り、理解度を確認しましょう。また、学習した内容を実生活やニュースと関連付けることで理解が深まります。定期的な復習と応用を意識して学習を進めてください。

 以上の方法とスケジュールを活用することで、経済学の学習を効果的に進めることができます。毎日少しずつでも学ぶことで、知識が徐々に蓄積されていきます。継続的な取り組みと復習を意識しながら、経済学の基礎を着実に身につけていきましょう。

 

経済ニュースの読み方と実践的な応用

  経済ニュースを読み解くための具体的な方法と、その情報を実践的に活用する方法について解説します。

見出しと要点の把握

 経済ニュースを読む際には、まず見出しや要点を把握しましょう。見出しは記事の要約やポイントを示しており、要点を把握することで記事全体の内容が理解しやすくなります。また、記事内の重要な情報や数値データにも注目しましょう。

専門用語や概念の事前調査

 経済ニュースには専門用語や経済学の概念が多く出てきます。これらを理解するためには、事前に調査や学習を行うことが重要です。オンライン辞書や経済学の教科書、専門サイトなどを活用して、不明な用語や概念を調べておきましょう。これにより、経済ニュースをより深く理解することができます。

応用の考え方

 経済ニュースを読むだけでなく、その情報を実践的に応用することが重要です。例えば、株価の動向や景気の予測に基づいて投資を判断する場合、経済学の知識を活用することができます。経済学の理論や指標を使って市場や企業の動向を予測し、適切な投資戦略を立てることができます。

 また、経済ニュースを読んで自分の生活に応用することも重要です。例えば、物価の変動や雇用情勢の動向などを把握することで、消費行動やキャリアプランに影響を与える要素を理解しましょう。経済ニュースを通じて、自身の生活や経済活動に対する意思決定をより有益なものにすることができます。

 経済ニュースの読み方と実践的な応用は、経済学の知識を実際の現場や日常生活に活かすための重要なスキルです。経済ニュースを積極的に読み、理解した情報を実践的に応用することで、経済に関する洞察力と意思決定力を高めることができます。

 

経済学の理論と実践の結びつけ方

 経済学の理論を学ぶだけではなく、実践的な応用をするためには、以下の方法を活用することが重要です。

実世界の事例の分析

 経済学の理論を実際の事例に適用することで、理論と現実の結びつきを探ることができます。経済ニュースや経済の動向に関するデータを分析し、理論の視点から問題や現象を解釈してみましょう。例えば、景気の変動や貿易の影響、企業の経営戦略など、実際の経済現象を経済学の理論と照らし合わせて考えることが重要です。

経済データの活用

 経済学の実践的な応用には、経済データの活用が欠かせません。経済指標や統計データを分析し、経済の動向やパターンを把握しましょう。例えば、GDP成長率、インフレーション率、失業率などのデータを追い、その変動や相関関係を経済学の理論と関連付けて考えることで、経済現象の理解が深まります。

仮説の立案と検証

 経済学の理論を実践的に応用する際には、仮説の立案と検証が重要です。経済現象についての仮説を立て、それを経済学の理論やデータで検証してみましょう。仮説の立案は経済の動向や現象に対する洞察力を養うために役立ちます。また、検証の過程ではデータの収集や分析方法の選択も重要です。

経済実験やシミュレーション

 経済学の理論と実践を結びつけるもう一つの方法は、経済実験やシミュレーションを行うことです。経済学の理論を元に実験やシミュレーションを行い、現象や結果を観察し分析します。これにより、理論の妥当性や予測能力を検証することができます。

 経済学の理論と実践を結びつけるためには、理論を深く学ぶだけでなく、実際の経済現象やデータを積極的に分析し、仮説の立案や検証、実験などを通じて学習を進めることが重要です。これにより、経済学の知識を実践的な視点で活用し、より深い理解を得ることができます。

 

おわりに

 経済学初心者の方でも、上記のポイントを押さえながら効果的に学習を進めることができます。基礎知識の習得から応用まで、着実にスキルを築いていきましょう。経済学の世界に足を踏み入れることで、日常生活や社会の動きがより理解しやすくなります。ぜひ、楽しく学習を進めてください!